ホームページを持つデメリット

ホームページに記載したことが元でトラブルに発展することも

自分のホームページを持つとそれだけで世界が広がり、時には海外に住む人から感想のメールをもらうといったことがあります。しかし、世界が広がるというのはいい面ばかりではありません。リアルの世界でなら「この人とは性格的に合わなそう」と避けられる人でも、ネットではホームページを持つことによって向こうから近づいてこられる可能性があるのです。
たとえば、ブログで特定の芸能人に対して悪口を書いたとします。友達とのおしゃべりであればお互いに盛り上がれるかもしれませんが、ネットには当然、その芸能人のファンがいます。その人がブログに書かれた悪口を読んで激怒し、コメント欄で抗議を行ってくるかもしれません。見ず知らずの人に怒鳴りこまれるようなものなので、ショックを受けることになるでしょう。

トラブルを起こさないための心構え

ただ、ホームページを通じての人間同士のトラブルは、閲覧者を不快にしないということを心がければある程度回避することが可能です。それだと当たり障りのないことしか書けず、面白くないという人もいるかもしれませんが、表現方法などに気を配り、真摯に書けばテーマに対して否定的な意見も受け入れられる可能性はあります。
また、ホームページやブログを持つということは世界に対して情報を発信することだと自覚するのも大事です。「自分なんて別に有名人でもないし、誰も読みにこないだろう」と思って、好き勝手に書くのは避けた方がいいでしょう。誰にも開設したことをいわず、ひっそりと作ったブログであっても、検索サイトに捕捉されれば誰がアクセスしてきてもおかしくないのです。

HP制作で気になる点の一つが画像選びですが、制作業者に依頼すればサイトにふさわしい画像を提案してもらえます。